読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語は、オトナになってからがおもしろい

宇宙人母、ときどき翻訳家のKAYOが、英会話とはひとあじちがう英語の楽しみ方をお伝えします。

怒りの裏側にあるものは?

わたしはカードを引くのが好きで

ときどきボイジャータロットから

メッセージをもらいます。

 

今朝ひいたカードは

Anger(怒り)。

 

f:id:kihiru777:20170506074718j:plain

 

わー、わたしってば

怒ってるのね!

 

 

どーどーどー。

 

でも、怒りというのは

二次感情。

 

怒りの裏側には

「わかってほしい」という

悲しみがひそんでいるのです。

 

このカードはきっと

「もっとわたしの声を聞いてよ!」という

わたしの中の小さな自分からの

メッセージですね。

 

そして

「anger(怒り)」の語源を

調べたら

おもしろい発見が。

 

angerは

古ノルド語 angr 「悲哀」

ドイツ語 Angst「恐怖」

ラテン語 angor「苦悶」

と、ルーツが同じ。

 

 

怒りの裏側には、

悲哀や恐怖、苦悶など

いろいろな感情があることを

古代の人は

ちゃんと知っていたのですね。