読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語は、オトナになってからがおもしろい

宇宙人母、ときどき翻訳家のKAYOが、英会話とはひとあじちがう英語の楽しみ方をお伝えします。

おじいちゃんの本屋さん

5月25日に開催する

「日本語と英語で楽しむ絵本の世界」

おかげさまで満席になりました。

キャンセル待ち、次回開催のリクエストは

こちらからどうぞ。

 

We're Going on a Bear Hunt

 

今日は、この講座にちなんで、

絵本に関する思い出話を書きます。

 

わたしが小さかったころ、

わが家には絵本がいっぱいありました。
 
福音館書店

こどものとも」や「かがくのとも」を

定期購読していたほか、

「ロボット・カミイ」や、

「ちいさいモモちゃん」などの物語絵本、

エーリッヒ・ケストナー

ローラ・インガルス・ワイルダーなどの

文庫本もたくさんありました。

こどものとも復刻版Aセット〈創刊号~50号〉

 

 

わたしは岐阜の田舎に住んでいて、

本屋も近所にはありませんでした。

 

近所の友だちの家には、

子ども向けの本は

雑誌やマンガしかないという状況も

めずらしくありませんでした。


「そんな時代に、なぜうちには

 あんなに良質な

 子ども向けの本がたくさんあったのだろう?」

 

と、大きくなってから不思議に思って、

母にたずねたことがありました。

 

 
すると母は、

「だって、わたしは本屋の娘だったもの。

 目が肥えてたのよ」

と、さらっと一言。

 


そう、わたしの祖父母は、

愛知県の知多半島の寺本(てらもと)というところで、

「早川書店」という本屋さんを営んでいました。

 

祖父は、小学校の先生をしていて、

校長先生までなったそうですが、

戦後、家族を養うために、

本屋さんを始めたのです。

 

母は、その頃の思い出を話してくれました。

 
「あのころ、

 小学校に本を配達もしていたの。

 でも、

 自分が校長先生をしていた小学校に

 本を届けに行くのは

 いやだっただろうなぁと思う。
 
 でも、家族のために、

 がんばってくれたのよね・・・」


祖父はいかにも

「まじめな先生」といった風貌の人でした。
 
そんな祖父が、

自転車をこいで

小学校に本を配達する姿を想像したら

なんだか胸がいっぱいになりました。


 
母は8人きょうだいでした。

母以外はみんな男で、

お兄さんが6人と、弟がひとり。

 

お正月に祖父母宅に親戚一同が集まると、

大人も子どもも大勢いて、

それはそれはにぎやか。

 

でも、わたしはそのにぎやかさが

ちょっと苦手でした。

 

 

人がいっぱいの母屋をぬけだして、

本屋にこもって、

ひとりで本を読みふけっていました。

 

大人向けの本のコーナー

(あのころ、

 いわゆるビ◯本と言っていたやつですな)には、

めっちゃ興味はありましたが、

 

はずかしくて、とても近づけませんでした。
 
(いや、正直言うと、誰もお店にいないとき

 ちょっとページをめくってみたことも…(^_^;))
 
 
少女雑誌「りぼん」や「なかよし」の

あまった付録をもらえることもありました。

 

本屋の建物は、わりと大きな平屋で、

昔ながらの瓦屋根に、

開けるとガラガラと音がするガラス引き戸。
 

照明は少し薄暗く、

本屋の一角が畳敷きの小さなお部屋になっていて、

そこにレジがあり、

奥にはこたつとテレビもありました。


「書店」というより「町の本屋さん」というのがぴったりでした。
 
 


年月は流れ、

祖父母は遠い昔に他界しました。

 

 

おじいちゃんの本屋さんも取り壊されて、

なくなってしまいました。

 

でも、今も、わたしの心のなかには

「早川書店」の光景がしっかり残っているのです。

 

 

5月は豊かさメガ盛り!

5月が始まりましたね。

 

5月は、英語で
May。


ローマ神話の女神
Maia(マイア)
から来ています。


Maiaは、大地豊穣の女神さま。



森林の神さま
Faunus(ファウヌス)の娘で

火と鍛冶の神さま
Vulcan(ウルカヌス)の妻、そして

 

商売の神さま

Hermes(ヘルメス)の母親です。

 

なんとも豊かさがたっぷりですね。

f:id:kihiru777:20170501182253j:plain




Maiaという名前のもともとの意味は

「偉大なる女性」。

 

同じく「偉大な」から派生した

言葉の仲間には、

 

・much(たくさんの)

・major(大きいほうの)

・maximum(最大限)

 

などがあります。

 

そうそう、

「メガバイト」「メガ盛り」などで使われる

mega(百万、並外れて大きい)

も同じ仲間です。

 

 

そして、
大地豊穣の女神さまといえば
思い浮かぶのは
「母なる大地」のイメージ。


「母の日」が5月に制定されたのも
Maiaのチカラが働いたせいかも?

 

さぁ、風薫る5月、
みなさまのもとに
豊かな恵みが
やってきますように。

 

 




まくらは相談相手?

さぁ、今日は何を

話のまくらにしようかな?

 

そうだ、「まくら」に関する

英語ネタにしましょう。

 

お後がよろしいようで。

 

・・・って、

こらこら、終わってはいかんがな。

 


「まくら」は英語で

pillow。

 

pillowの語源は

ラテン語

pulvīnus(クッション)

です。



consult with one's pillow

は、直訳すると

「自分のまくらに相談する」

ですが、

「一晩寝てじっくり考える」

ことを意味します。

 

相談相手の「まくら」は
自分といい相性であって
ほしいですね。

 


pillow talk

は、ベッドでの
恋人同士の親密な会話のこと。

夜を楽しく [Blu-ray]


では、
pillow book
とは、何のことでしょう?

 

答えは、
まくらもとで読むのに
ふさわしい本

(特に、エロ本です(#^^#))。

 

そして、

もうひとつの意味として、

「The Pillow Book」は

清少納言の「枕草子」の

英語名でもあるんですよ。

 

The Pillow Book (Penguin Classics)

 

枕草子は、

エロくはないけど

読んでると

眠くはなりますね。。。 

 

 

 

 

旅と陣痛の深い関係

GWが始まりましたね。

 

わが家は近場で

ゆっくりする予定ですが

旅行のご予定がある方も

いるかしら?

 

ということで、今日は

「旅」についての
英語ネタを書いてみたいと思います。

 


travel(旅)
という単語の語源は
昔の英語の「travailen」。

 

これは、「苦労する、せっせと働く」
という意味です。

 


楽しい「旅」と「苦労」と何の関係が?
と不思議に思われるかもしれませんが


昔の旅は、
現代とはちがって
道路も交通機関も整っていなかったうえ
きびしい自然災害や
山賊におそわれて
命を失う危険性もありました。

 

f:id:kihiru777:20170429172927p:plain

 


それを考えると
「travel」の語源が
「苦労」だというのも
納得できますね。

 



さらに、
travelのもとになった
「travailen」からは

「travail(トラベイル)」
(骨折り、労苦)
という単語も生まれています。

 


昔、
とらばーゆ」という
女性向けの求人情報誌がありましたが
(今は転職サイトになってます)

この「とらばーゆ」とは、
フランス語の
travail(仕事、労働)。


こちらも語源は同じです。

 

 

月刊 とらばーゆ 2007年 12月号 [雑誌]

 


興味深いことに、
この「travail(骨折り)」には、
「陣痛」という意味も
あるのです。


たしかに、陣痛は
骨が折れるほど

痛かった・・・(-.-;)


と同時に、


「陣痛」と「旅」を表す単語が
つながっているというのは、


赤ちゃんが生まれることが
宇宙から地球への
壮大な「旅」であることを
表しているような気もします。

 

 

BABY UNIVERSE


何が起こるかわからないから
旅も人生も魅力的なのですね。

 

 

To travel is to live.

(旅することは、生きることだ)


ーAndersen(アンデルセン

 

 

 

 




暗いからこそ見えてくる光がある

今日はわたしの筆文字作品の紹介です。

「暗」の漢字を筆文字アートにしてみました。

英語訳もどうぞ。

 

f:id:kihiru777:20170429110720j:plain

 

暗いからこそ見えてくる光がある

Light cannot be seen without darkness.

 

 

生きていれば、

落ち込むこともあるけれど

 

そんなときだからこそ

人のやさしさに気づいたり

自分がほんとに求めていることが

見えてきたりするのですよね。

 

 

 

 

長男のピンクのリュック

 

今日は、

長男が保育園に入るときの

思い出を書きます。


長男は、

3才から保育園に入りました。

 

入園前に、

通園に必要なリュックやお弁当箱などを

うちから2時間かけて

新宿のデパートまで買いに行きました。

 

最初の子だったので、

入園準備にも熱が入っていたのですね(*^_^*)


長男は大の電車好きだったため

お弁当箱やカトラリーセットは

新幹線のキャラクターものを選びました。

 

 

しんかんせん ランチケースDX(未来)

そして、次は通園リュックです。

子供用のリュックの置いてあるコーナーで
「どれでも好きなの選んでいいよ」
と、長男に言うと、

彼が迷わず選んだリュックは、

 

なんと鮮やかなピンク色


思わず顔を見合わせる夫と私。

 

 

いや、どれでもいいとは言いましたが・・・

あせって

「黄色はどう?

 こっちの青もいいんじゃない?」

と他の色のリュックに誘導しようとしても、

 

ピンクのリュックを

ひしと抱いて離さない長男。

 

 

ためしに、

そのピンクのリュックを

背負わせてみると、

 

意外と似合ってます。


すると、

すかさず店員のおねえさんが

「まぁよくお似合いですね~!!」
とほめちぎりました。

 

それを聞いて

ニコニコ顔になる長男。


店員さんはさすがですねぇ。

 

「その色は男の子にはちょっと・・・」
なんて余計なことは言わないのですね。

長男のあまりにうれしそうな笑顔を見て、

わたしたち夫婦は、


「まぁ、このリュックせおって、

 きげんよく保育園に

 通ってくれればいいかぁ~」

と、購入を決めたのでした。


でも内心、

「他の子にからかわれないかしら?」

 と心配していたのですが、

杞憂でした。

 

子どもには、

「これは女(男)の子の色」

なんてヘンな先入観はないのですね。

 

 

このピンクのリュックは、

3年間、

長男の通園のお供をしてくれました。

 

その後は妹に引き継がれたのでした。

(妹もピンク色が大好きで

ちょうどよかったんです)

 

そして、小学校に入るとき

長男が選んだランドセルの色は

「青」でした。

 

オトナになったんだね。

 

 

 最後にちょっと「pink(ピンク)」に関する

英語ネタ。

 

pinkのもともとの意味は

ナデシコ」です。

 

ピンク色とは、本来、

ナデシコ色」のことだったのですね。

 

f:id:kihiru777:20170426152053j:plain

 

そして「ナデシコ」の名前の由来は

「なでたくなるほどかわいらしい花」

なんですって!

 

ピンクのリュックを

背負っていたころの長男、

ナデナデせずにはいられないくらい

かわいかったなぁ・・・

 

 f:id:kihiru777:20170426152651j:plain

 

 

モンブランかロールケーキか?

長男が中3だったときの話です。

 

体育祭の振替休日に、

映画を見に行くことになりました。


朝、小学校へ行く次男(当時小1)が

「いいなー!」

とうらやましそうなので、

「じゃあおみやげにケーキ買ってくるよ」

と言うと、

モンブランがいい」

とリクエストが。

 

当時ロールケーキにハマっていたわたしは

「ママはロールケーキ食べたいなぁ」

と負けずに主張。

 

「えぇー、モンブランがいい!」

と口をとがらせる次男

 

「じゃぁ、

 モンブランがなかったらロールケーキね」

と言いつつ、

 

モンブランが売ってなかったことにして

 ロールケーキ買っちゃおう)

という腹黒い算段をしていた私(←極悪母)


そして映画を見終わり、

映画館の近くのデパートの食品街に行くと、

入り口のところに

臨時出店のケーキ屋さんを発見。

 

そのショーケースの上には

モンブランロール」の文字が!


おぉ!これなら

モンブランがいい」

という次男の希望と

「ロールケーキがいい」という私の希望が

いっぺんに叶えられるではないですか!

 

ロリアン洋菓子店 黄金のモンブランロール 直径約10cm×長さ14cm 1本

 

わたしは、いつも

「AかBか?」

で悩んでしまうことが多いのですが

 

モンブランロールケーキは、そんなわたしに

「AとBを組み合わせた、

『C』っていう方法もあるんだよ」

というメッセージをくれたような気がしました。

 


そして、帰宅後、

朝の腹黒い算段はおくびにも出さず、

「ほら、ご希望のモンブラン買ってきたよー♪」

モンブランロールをわたすと

次男も大喜び。

 
みんなで

「おいしいねー」

と幸せな気分でいただきました。

 

めでたしめでたし。

 

ちなみにモンブランの名前は、

フランスとイタリアの国境にある山

モンブランMont Blan)」

に由来しています。

 

f:id:kihiru777:20170429112404j:plain

 ↑

似てる?

f:id:kihiru777:20170429172010j:plain

 

デザートとしての名前は

フランス語だと

Mont blanc aux marrons

(栗のモンブラン)、

英語だと

Mont blanc cake。

 

 

でも、Wikipediaの英語版を見ると

 

The Mont Blanc is popular in France, Italy, Hong Kong, Japan, Slovakia and Hungary.

モンブランはフランス、イタリア、香港、日本、スロヴァキア、ハンガリーで人気がある)

 

とあるので、英語圏では

あまりポピュラーなデザートでは

ないのかな?

 

ご存知の方がいたら

教えてくださいませ☆